img_01

植毛のメリットとデメリット

植毛は、健康的な状態の毛根組織を薄毛部分に移植する事により、脱毛症を改善するという治療法です。採取するのは主に後頭部の毛根なので、拒否反応などの不具合が生じる危険はほとんどありません。

現在では、メスを使用しないテクニックが考案されており、施術も短時間で完了する様になっています。
脱毛症に悩みを持つ人は男女問わず少なくはありませんが、その全てを解消できる治療法は現在でも発明されていません。

最近何かと話題の薄毛のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

これは、遺伝やストレス、ホルモンなど脱毛症の原因は多様だからです。
しかし、植毛は原因を問わず解消できるという事で、最も完成度の高い治療技術と言えます。行うための条件は、健康的な毛根組織が移植できるだけ残っているという事だけです。

特に、男性の脱毛症の大部分を占めるAGAの場合は、生え際の両サイドから頭頂部にかけて集中しているので、後頭部の頭髪は残っているケースが多く見られています。

つまり、植毛を行えるという事であり、自然な状態に回復させる事が可能です。
この様に、原因を問わず実行できるという点が植毛のメリットであり、かなり進行した状態からでも回復させる事が可能です。



一方のデメリットは、他の治療法と比較すると費用がかかるという事です。



医療行為に該当する為に医師以外には行う事が出来ないので、クリニック探しから始めなくてはならないという点も障害と言えます。

しかし、その効果と安全性の高さは皮膚科学の専門団体から認められており、推奨できるという高い評価を得ています。